親子で餅つきなどに挑戦 3日まで「なかいち新春まつり」

協力して餅つきをする親子
 秋田市中通のエリアなかいちで2日、「なかいち新春まつり」が始まった。家族連れが正月遊びや餅つき、門松作りなどを楽しみ、会場は正月ムードに包まれた。3日まで。

 子どもたちは羽子板やけん玉、こま、だるま落としなど昔ながらの正月遊びを体験。一緒に訪れた家族からアドバイスを受け、徐々にこつをつかんでいた。

 きねを振りかぶって餅つきをしたほか、むしろを巻いて砂を入れたたるに松の枝を刺して門松作りも楽しんだ。

 父親と羽子板などを楽しんだ秋田大付属小5年の松塚ひかりさん(10)は「正月遊びをあまりしたことがなかったのでいい経験になった」と話した。

 門松作りをした川尻小5年の下田陽鞠さん(11)は「きれいにできた。お父さんと協力できて良かった」と笑顔を見せた。

 新春まつりは、市や秋田商工会議所などでつくる実行委員会が昨年11月から開いているイベント「なかいちウインターパーク」の一環。

秋田市

秋田
大型そり、たこ揚げ…楽しい思い出作ろう あす「県立中央公園冬まつり」
秋田
案内板や行き先標…鉄道古物を販売 2月、秋田市でイベント
秋田
大森山の新観覧車は福岡で愛された遊園地から 5月運転予定
秋田
冬の秋田、寒空の下でBBQしよう! 21日、秋田駅前
秋田
ナンバー「わん!」の愛らしい表情いっぱい 秋田市・新屋図書館