山海「ジビエ」缶詰に 大槌・たかのり海産とMOMIJI

大槌町の滋味が詰まった缶詰商品「海のジビエ」(左)と「山のジビエ」
 大槌町の水産加工業たかのり海産(佐々木貴範社長)と食肉加工業MOMIJI(兼沢幸男社長)は、町内産のイルカとシカ肉を加工した缶詰商品を開発した。野生鳥獣肉「ジビエ」を手軽に味わえるコラボ商品で、ふるさと納税の返礼品に選ばれた。栄養価が高く日持ちがする、おいしい防災食としての活用も期待される。

 リクゼンイルカの大和煮「海のジビエ」(1缶702円)は、ショウガの効いた甘辛味がやわらかい肉に染み込み、食欲をそそる一品。シカ肉を使った「山のジビエ」(同800円)は、トマトベースのソースに八木沢商店(陸前高田市)の無添加みそを加えたコクのある和風シチューに仕立てた。

大槌町

岩手
「大槌カイ」グッズいかが 三鉄・キャラ、アニメ公開控えPR
岩手
復興進む浜、不屈のハマギクが見頃 大槌の庭園
岩手
大槌の逸品〝大漁〟です 土産店、食堂オープン
岩手
憩いの場「ますと乃湯」復活へ 大槌、22日10年ぶりオープン
岩手
養殖サーモン味わおう 13日、大槌・復旧施設で初の催し