泣いて笑って「こたつ列車」 三陸鉄道、久慈-宮古間で運行

突然現れたなもみに驚いて泣く子ども=25日、三陸鉄道列車内
 三陸鉄道(中村一郎社長)は、冬の名物企画「こたつ列車」を久慈-宮古間で運行している。沿岸北部の小正月行事の「なもみ」が現れる一幕もあり、乗客を楽しませている。

 25日は県内外の22人が久慈駅から乗車。車内に設置された4人掛けのこたつに足を伸ばし、窓の外に広がる三陸の景色を楽しんだ。

 今季のこたつ列車は2022年3月27日までの土日祝日に1往復運転する。

岩手
普段は入れないお堂で法話 平泉・毛越寺、節目祝う土日特別企画
青森
ラグノオアップルパイときゃりーさんコラボ
青森
新たに4種「11ぴきのねこ」日付印/三戸
岩手
周遊切符で地域イベント楽しんで 三陸鉄道の久慈-普代駅間
岩手
「さんさスパーク」で元気に 盛岡の企業、エナジードリンク開発