泣いて笑って「こたつ列車」 三陸鉄道、久慈-宮古間で運行

突然現れたなもみに驚いて泣く子ども=25日、三陸鉄道列車内
 三陸鉄道(中村一郎社長)は、冬の名物企画「こたつ列車」を久慈-宮古間で運行している。沿岸北部の小正月行事の「なもみ」が現れる一幕もあり、乗客を楽しませている。

 25日は県内外の22人が久慈駅から乗車。車内に設置された4人掛けのこたつに足を伸ばし、窓の外に広がる三陸の景色を楽しんだ。

 今季のこたつ列車は2022年3月27日までの土日祝日に1往復運転する。

岩手
道の駅錦秋湖、営業再開 国道107号、1年7カ月ぶり通行止め解除
岩手
3年ぶりに「はしご酒」 山田で12月1日開催
青森
津鉄と絶景 カードに/12カ所で配布
岩手
高品質のマダラを味わって 12月から宮古・山田・岩泉でフェア
岩手
シクラメン、心も華やか 一関・厳美渓お花畑で出荷が最盛期