命見つめ、光に出合う 花巻・るんびにい美術館で写真展

写真に向かい合う形で配置された馬の頭蓋骨。大胆な展示構成には、齋藤陽道さんも携わった
 「ろうの写真家」として知られる齋藤陽道さん(熊本在住)の写真展「存在。生。死。あわいの光。」は、花巻市星が丘のるんびにい美術館で開かれている。

 20歳で補聴器を捨ててカメラを持ち、聞くことよりも見ることを選んだ齋藤さん。「存在の生命力」にフォーカスした作品群が、来場者を豊かな沈黙の世界にいざなう。

 会期は来年1月24日まで。開館時間は午前10時~午後4時半。火曜、水曜休館。12月28日~1月5日休館。入場無料。

花巻市

岩手
山開き、自然に包まれ 早池峰山、3年ぶりに神楽奉納
岩手
暮らし華やぐトールペイント 花巻、12日まで作品展示会
岩手
「花農ソーセージドッグ」発売 盛岡・PanoPano向中野店、22日まで
岩手
レストラン新たな一歩 ホテル花城、洋食に絞ってきょう再開
岩手
汽笛高らか、今年も勇姿 花巻-釜石駅間でSL銀河運行開始