命見つめ、光に出合う 花巻・るんびにい美術館で写真展

写真に向かい合う形で配置された馬の頭蓋骨。大胆な展示構成には、齋藤陽道さんも携わった
 「ろうの写真家」として知られる齋藤陽道さん(熊本在住)の写真展「存在。生。死。あわいの光。」は、花巻市星が丘のるんびにい美術館で開かれている。

 20歳で補聴器を捨ててカメラを持ち、聞くことよりも見ることを選んだ齋藤さん。「存在の生命力」にフォーカスした作品群が、来場者を豊かな沈黙の世界にいざなう。

 会期は来年1月24日まで。開館時間は午前10時~午後4時半。火曜、水曜休館。12月28日~1月5日休館。入場無料。

花巻市

岩手
待ってた、ワカサギ釣り 花巻・田瀬湖で今シーズンの事業開始
岩手
県産材使ったおもちゃがいっぱい 花巻の美術館、木育を推進
岩手
高校生が開発、花巻スイーツ 花北青雲高、地元企業と協力
岩手
夜の敷地にバラが咲いた 光と音のショー、花巻温泉で開始
岩手
ひといち朝市を歩行者天国で 花巻、89年開始以降初めて