復興への歩みを記録 陸前高田で釜石海保が写真展

海上保安庁の活動写真に見入る来場者
 写真展「東日本大震災津波と海上保安庁~経験から復興へ~」(釜石海上保安部主催)は、陸前高田市気仙町の東日本大震災津波伝承館セミナールームで開かれている。

 防潮堤を越える津波、入浴・給水の救援活動、行方不明者捜索の様子など、発生直後から今年までの同庁の活動記録写真を公開。A2判13点、A3判34点をパネル展示している。

 訪れた雫石町下町東の会社員米沢京子さん(60)は「隊員、市民の皆さんの並々ならぬ努力と辛抱の日々が伝わる」と一枚一枚に見入った。

 同保安部の若井弘美次長は「必死で現場を歩いた当時の様子を多くの人に知ってもらいたい。次の災害がやってきたときの心構えにもつなげてほしい」と呼び掛ける。

 12月5日まで。午前9時~午後5時で入場無料。

陸前高田市

岩手
復興祈る作品、タイル壁画に 陸前高田市コミュニティホール
岩手
まちに元気、音楽響け 15日、道の駅高田松原でイベント
岩手
「たかた揚げ」いかが 広田湾の海産物使用、道の駅が試験販売
岩手
津波伝承館、教訓つなぎ来館50万人 陸前高田、開館から2年7カ月
岩手
眺めや料理〝湯〟ったり楽しんで 陸前高田の黒崎仙峡温泉