八幡平の紅葉、今が見頃! ふけの湯周辺、赤や黄に染まる

鹿角市八幡平の「ふけの湯」周辺の紅葉
 秋田、岩手両県にまたがる八幡平(1613メートル)で紅葉が見頃を迎えている。爽やかな秋晴れとなった14日は多くの行楽客が訪れ、雄大な景観を楽しんでいた。



 県境付近の標高約1100メートルにある温泉宿「ふけの湯」(鹿角市八幡平)の周辺では、ブナやイタヤカエデなどが黄色、ウルシなどが赤色に染まり、アオモリトドマツの緑色とのコントラストを描いている。

 湯煙や岩肌が風情を醸し出しており、写真を撮影したり、野天風呂に入りながら景色を楽しんだりする人の姿が見られた。

 ふけの湯のおかみ、阿部恭子さん(81)は「例年より1週間ほど早く見頃になった。『ここの紅葉が日本一』と訪れるリピーターも多い。360度の紅葉をゆっくり楽しんでほしい」と話した。

 見頃は1週間ほど続く見込みという。

鹿角市

秋田
上品な甘さ、シャインマスカットたわわに 鹿角市
秋田
ストーンサークル館、入館50万人 世界遺産勧告後から急増
秋田
鹿角の魅力詰め込んだ「カヅメ」登場 ホルモン缶など3種類
秋田
直売所広々、買い物楽しんで 道の駅かづの、リニューアル
秋田
雪の回廊、除雪作業進む 八幡平アスピーテライン