休憩の空間、ゆったり 新設の駐車場や施設を開放/横浜町

1日から一般に開放されているトイレ・休憩施設。いす、テーブルなどがある

 青森県横浜町の道の駅よこはま「菜の花プラザ」北側で県が整備を進めてきた駐車場とトイレ・休憩施設の工事が終わり、1日から一般車両が利用できるようになった。初日は近くの国道279号を走るドライバーらが駐車場に車を止め、トイレを利用したり、休憩施設でくつろいだりしていた。

 同道の駅の既存施設に加え、道路を隔てた向かい側にも駐車場や施設を設けることで、災害時の避難者受け入れといった防災機能の強化や産業振興などを目指す。

 敷地面積は約6400平方メートル。トイレ・休憩施設は鉄筋コンクリート平屋建て約308平方メートルで、いす、テーブルがあり、町や周辺の観光スポットなどをPRする冊子などが置かれている。

 乗用車20台、大型車12台、障害者用1台の駐車が可能で、電気自動車充電器付きの2台の駐車スペースがある。同町が維持・管理を行う。

 駐車場、トイレは24時間利用でき、休憩施設は午前8時~午後4時半に開放している。

 休憩施設を利用したむつ市の男性(81)は「どんな施設か見に来た。シンプルで、ちょっと休むにはいい場所。こういう空間が大好き」と話した。

横浜町

青森
横浜小児童、絵や写真で町の魅力紹介
青森
“黄色のじゅうたん”見ごろ/横浜町
青森
横浜町の菜の花開花宣言/連休後半には満開
青森
ソロキャンプ おすすめ/5月1日「621野営場」オープン
青森
周遊観光楽しんで/青森県が交通情報サイト開設