旬のブドウ、摘み取り満喫! 由利本荘・ハーブワールド

 秋田県由利本荘市西目町の観光農園ハーブワールドAKITAで、旬を迎えたブドウがたわわに実り、家族連れや観光客が摘み取りを楽しんでいる。

 園内のビニールハウスや露地で20品種を栽培。摘み取りは先月21日、大玉の「藤稔(ふじみのり)」と中玉の「バッファロー」から始まった。少しずつ食べ頃の品種が増えており、4日時点で8品種を摘み取りできるという。訪れた人たちは、棚から垂れ下がったブドウをはさみで摘み取り、そっとかごに入れていた。

 担当職員の佐々木洋平さん(45)によると、今年は夏場に晴天が続いたため例年より糖度が高く、色づきもいいという。

 秋田市から家族3人で訪れた女性(29)は「大玉で種がない藤稔が一番好き。どれがいいか選ぶのも楽しい」と話した。

 ブドウの摘み取りは今月下旬まで(なくなり次第終了)。午前9時~午後5時。大玉は1キロ1500円、中玉は同千円。摘み取った分を量り売りする。新型コロナウイルス感染防止のため試食コーナーは設けていない。

由利本荘市

秋田
幻想的な雲海、ブルーインパルス… 道の駅にしめで写真展
秋田
色鮮やか10種類の花々一面に 由利本荘市のハーブワールド
秋田
鳥海山周辺どこ巡る? 7つの観光モデルコース、動画で紹介
秋田
柔らかワカメいかが 27日と来月6日、道川漁港で販売会
秋田
紙おむつも売っている「黄桜すい」 道の駅東由利に自販機