待ってたSL銀河 今季初運行、花巻で歓迎

今年初の運行となったSL銀河。親子連れや鉄道ファンが出迎えた=21日、花巻市・JR花巻駅
 JR盛岡支社(久保公人支社長)は21日、盛岡-釜石駅間でSL銀河を運行した。今季の営業初日から、定員176人の車両は満席に。花巻駅などでイベントが開かれ、家族連れや鉄道ファンらが歓迎した。

 同駅ではホームで鹿踊りが演舞する中、蒸気機関車「C58形239号機」がゆっくりと入線。出発の汽笛が鳴ると、集まった人たちは「釜石線からありがとう」と書かれた手旗を振り、笑顔で送り出した。

 本年度のSL銀河は、12月5日までの土日、釜石-花巻駅間で計32本を運行する予定。21日は大型観光企画・東北デスティネーションキャンペーン(DC)に合わせた「SL銀河東北DC結び号」として、通常は回送する盛岡-花巻駅間も客を乗せて運行した。

花巻市

岩手
喫茶に開いた文化の華 花巻で「CAFE モンタン展」
岩手
白金豚、切りたて新商品 花巻の高源精麦、受注販売
岩手
光る子どものアイデア 花巻少年少女発明クラブが作品展
岩手
SL銀河また来年 本年度最終運行、各地で見送りや出迎え
岩手
地元の味が満載のケーキ 花北青雲高と白石食品工業が共同開発