獅子まくら、寝心地は? 番楽国重文指定10周年で再発売

 秋田県由利本荘市鳥海町の民俗芸能伝承館「まいーれ」で、町に伝わる「本海(ほんかい)獅子舞番楽」の獅子頭をイメージして作られた「獅子まくら」が販売されている。



 考案したのは、長年番楽の継承に取り組んでいる松田訓さん(83)。かつて鳥海山で修行に励んだ修験者が使った携帯用枕から着想を得たという。火伏せの願いを込めて素材のキリに焼き目を入れ、魔よけとして獅子頭の目を描き入れた。

 30年ほど前に一度商品化している枕だが、番楽が国重要無形民俗文化財の指定を受けて今年10周年であることを記念し、再び商品化した。

 税込み2400円。タオルなどを載せて使用する。松田さんは「仮眠用の枕として、また飾りや子どものおもちゃとしても使ってほしい」と話している。

由利本荘市

秋田
地元産木材使ったこだわりの品展示販売 由利本荘の職人集団
秋田
「鳥海山 木のおもちゃ館」に名称変更 「遊べる場所」アピール
秋田
ハロウィーン列車、仮装して乗って 由利鉄、31日まで運行
秋田
癒やされる猫の写真ずらり にかほの女性、カダーレで初個展
秋田
幻想的な雲海、ブルーインパルス… 道の駅にしめで写真展