田んぼアート目に楽し 岩手町・一方井、浮島地区で見頃

東京五輪のホッケーをテーマにした一方井地区の田んぼアート


 岩手町の一方井、浮島両地区の田んぼアートが見頃を迎えている。地元の子どもたちが考案したユニークなデザインが夏の水田に彩りを添えている。

 一方井地区は東京五輪のホッケーがテーマ。町のPRキャラクター「たまなぼうや」と、同町のホストタウン相手国であるアイルランドの象徴のクローバーがスティックを携え、ハートマークを描いた。

 浮島地区は「花咲かじいさん」がテーマ。新型コロナウイルス感染症の影響で疲弊している人たちの心に花を咲かせたいとの願いを込めた。

 一方井地区には簡易展望台を設置しているほか、両地区の中間地点にはトウモロコシ畑の巨大迷路が今年初めて整備され、家族連れらでにぎわっている。田んぼアートは8月末ごろまで楽しむことができる。

岩手町

岩手
風味熟成、3年物生ハム 岩手町・肉のふがね販売開始
岩手
「キャベ酎」16年ぶりリニューアル 道の駅石神の丘で限定販売
岩手
真冬の夜の花 見に来て 岩手町・石神の丘イルミネーション
岩手
酒かす活用、短角牛生ハム 肉のふがね、わしの尾連携
岩手
看板商品〝衣替え〟 野菜のうま味を堪能できる逸品