利根山作品の魅力しおりに 北上・立花小作製、市へ贈呈

利根山作品の魅力を伝えるしおりを北上市に贈った立花小の児童
 北上・立花小(菅原るみ子校長、児童81人)は、今年生誕100周年を迎えた北上市ゆかりの画家利根山光人(とねやま・こうじん)さん(1921~94年)の作品の魅力を伝えるしおりを作製し、市に130枚を贈った。

 5、6年の児童4人が28日、菅原校長らと市役所を訪れ、高橋敏彦市長に手渡した。しおりの表面には利根山作品の写真、裏面には感想が添えられ、高橋市長は「心がこもっており、手に取った人はきっと感動するだろう」と感謝した。

 4~6年の45人は今月上旬、同市立花の市立利根山光人記念美術館の企画展を見学。気に入った作品の感想をカードに記し、しおりを作った。「日輪」や「鬼剣舞」などの作品が人気で「躍動感を感じる」「色使いがきれい」など率直な思いを伝える。

 表面の絵は全10種。8月から同美術館に置き、来館者に先着順で無料配布する。

北上市

岩手
写真と絵が入り交じる作品 北上で石田貴裕さん美術展
岩手
アレルギー対応、安心の味 北上・洋菓子店、小麦粉などを不使用
岩手
美しい刀、込められた思いも知って 北上市立博物館で企画展
岩手
展勝地の桜並木が満開 北上、見頃は24日ごろまで
岩手
月1回、展勝地で走ろう 北上の愛好家団体、23日無料企画始動