盛岡文士劇 2年ぶり公演 12月4、5日県内在住者のみ出演へ

会場を沸かせた現代物「恋はトライ&トライ」を熱演する出演者=2019年11月30日、盛岡市松尾町・盛岡劇場
 年末恒例の盛岡文士劇公演(実行委主催)は12月4、5の両日、盛岡市松尾町の盛岡劇場メインホールで行われる。昨年は新型コロナウイルスの影響で初めて中止。感染症対策を徹底し、2年ぶりの舞台を届ける。

 演目は現代物が「アイは猫である」、時代物が「人間万事 金の世の中」(ともに仮題)。「アイは-」は内田百閒(ひゃっけん)の随筆「ノラや」を基にした作品で、脚本、演出は藤原正教さん。河竹黙阿弥作の歌舞伎を基にした「人間万事-」は道又力さんが脚本、安達和平さんが演出を務める。

 例年は全国から本県ゆかりの文士を招くが、今年は県内在住者のみが出演する。舞台、花道と客席の間は距離を取り、稽古中にもマスクを着用するなど感染症対策を徹底する。

 実行委の三浦宏会長(岩手日報社相談役)は「昨年の中止は苦渋の選択だった。今年は安全な形でできるよう工夫し、期待に応えたい」と強調する。

 盛岡文士劇は1949年に始まり、一時中断ののち95年に復活。年末の風物詩として定着している。

 12月4日午後5時半、5日午後1時、同5時半の3公演。全席指定3千円。一般発売は10月7日から。問い合わせは盛岡劇場内実行委事務局(019・622・2258)へ。

盛岡市

岩手
あふれる感性 めくって 盛岡でアートブック展示販売
岩手
「あつ森」で御所野遺跡PR ホテルエース盛岡
岩手
キリンのリンタ 天国へ 盛岡市動物公園
岩手
化石や琥珀の魅力知って 盛岡で久慈の博物館企画展
岩手
資料に学ぶ盛岡の参勤交代 歴史文化館で企画展