身近な海にすむ命を観察 宮古・水産科学館で磯の生物展

魚など磯の生物の展示に見入る鍬ケ崎小の児童
 宮古市日立浜町の県立水産科学館(伊藤隆司館長)は8月22日まで、第34回磯の生物展を開いている。宮古近海に生息する魚介類の知識が深められる。

 16日はウミウシやカワハギ、ヒラツメガニなど54種256点を会場内の小型水槽に展示。訪れた宮古・鍬ケ崎小(小田島圭校長、児童135人)の3年生24人は顔を近づけたり、魚の動きを指で追いながら観察した。

 期間中の休館日は26日、8月2、10、16日。一般310円、大学・専門学生140円、高校生以下無料。午前9時~午後4時半(入館は同4時)まで。

宮古市

岩手
お座敷列車で旬のサーモン味わって 三陸鉄道6月まで土日運行
岩手
縄文土器、文様さまざまに 宮古・崎山貝塚ミュージアムで展示
岩手
宮古に残る義経北行伝説を市民劇で 21、22日に公演
岩手
つぼ焼き芋、驚きの甘さ 宮古・間借りの専門店が人気
岩手
宮古の景観、魅力発信 商議所が観光パンフ作成し、配布