水墨画 にじむ世界観 一関の教室が作品展

淡く繊細な水墨画の作品展
 一関市大東町の工藤水墨画教室に通う受講生らの作品展が同市千厩町の市立千厩図書館(村上和広館長)で開かれている。

 同館では2年ぶりの開催。千厩、大東、東山の受講生9人と講師工藤晴嵐さん(同市花泉町)の近作約20点を展示した。盛岡城や猊鼻渓などの風景や月下美人、ボタン、ヤマブドウの草花を墨の濃淡で表現した作品が並ぶ。

 教室は毎週、大東町の摺沢市民センターで開かれ、雪景色の中尊寺金色堂を描いた「雪花光堂」で、今年の県水墨画協会公募展準大賞を獲得した宍戸武英さん(76)=大東町=は「墨一つでいろんな表現ができる。奥が深く難しい世界」と魅力を語る。

 25日まで、入場無料。午前10時~午後5時。

一関市

岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き
岩手
江戸時代の女性はどう生き抜いた 一関市博物館テーマ展
岩手
名画「ひまわり」で平和を訴え 一関シネプラザ、きょうから上映
岩手
「おにぎりカフェ」開店 一関、食の大切さや発酵食品の魅力発信
岩手
「宝石の大陸」探査の軌跡 一関、故矢内さん収集「南極の石」展示