御来光 のぼる喜び 岩手山山開き

雲海から昇る朝日=1日午前4時10分、岩手山山頂(報道部・桜岡流星撮影)
 八幡平、滝沢、雫石の3市町にまたがる岩手山(2038メートル)の山開きは1日行われた。早朝の山頂付近では、朝日が雲間から数分だけ差し込み、登山者が幻想的な風景を堪能した。

 山小屋に宿泊した登山者が未明から山頂で待機。午前4時10分ごろ、朝日が雲海をオレンジ色に照らした。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で式典を取りやめ、関係者が神事のみ行った。同日は雨や霧に見舞われ、途中下山する登山者も多かった。

八幡平市

岩手
土偶、土器に見る縄文人の祈り 八幡平市博物館で企画展
岩手
響き合う秋、山賊まつり 八幡平市、児童らがステージ発表
岩手
八幡平温泉郷に「食」発信拠点 「ノーザングランデ」22日開業
岩手
八幡平の魅力解き明かせ 温泉郷、安比高原で初の催し開催へ
岩手
キャンプサイト開設 八幡平ハイツ、ホテルサービス連動