平泉の「香り袋」29日発売 地元団体、平安時代の製法再現

平泉のかをり創造プロジェクトが発売する文香(左)と名刺香(右)
 平泉町や一関市の住民らでつくる「平泉のかをり創造プロジェクト」(南洞法玲代表)は「平泉世界遺産の日」の29日、平安時代の製法を用いた香り袋を発売する。仏教と関わりが深いお香に着目し、当時の文献を基に開発した。登録10年となる遺産の意義や魅力を発信する。

 商品は手紙などに入れる「文香(ふみこう)」(1100円)と名刺に香りを付ける「名刺香」(1330円)の2種類。包み紙の中に甘さとほのかなスパイスが特徴的な香り袋が入る。

 29日はJR平泉駅前で開かれる「平泉駅前マルシェ」で2商品を各500個売るほか、町内行事での販売も予定している。

平泉町

岩手
「奥の細道」書で表現 千葉県在住・幕田さん、中尊寺で作品展
岩手
県内3つの世界遺産を紹介 平泉・ガイダンスセンターで企画展
岩手
無量光院跡、往時の姿思わせる景観 平泉の特別史跡、一般公開
岩手
義経役・伊藤健太郎さんら練り歩く 平泉・「東下り」
岩手
義経見ようと沿道に24万人 平泉・3年ぶり「東下り」