気軽に森吉山山頂へ 夏季ゴンドラ、5日から運行

森吉山の登山道脇に咲く高山植物=2020年6月18日
 秋田県北秋田市の森吉山阿仁スキー場は6月5日から夏季のゴンドラ運行を行う。ゴンドラで山頂駅(1167メートル)まで上り、季節の高山植物を観察しながら森吉山山頂(1454メートル)まで気軽にトレッキングできる。運行は10月末まで。

 山頂付近では例年、6月上旬からシラネアオイやイワカガミなどの高山植物が咲き始め、中旬以降に見頃を迎える。9月後半から10月にかけてはブナが色づき、ゴンドラから見下ろせる。天気が良ければ山頂から日本海や男鹿半島を一望できる。

 運行時間は午前8時45分~午後4時(上り最終3時半)。10月は午後3時半まで(上り最終3時)。運賃は往復1800円、小学生800円。未就学児無料。8月23日から9月26日までの平日は運休する。

 問い合わせは阿仁スキー場TEL0186・82・3311

ガイド同行の自然観察会 6~10月に計8回

 北秋田市の森吉山阿仁スキー場は6~10月、森吉山でガイドが同行する自然観察会を開く。

 日程は6月19、23、27日、7月3、8、11日、8月8日、10月10日の計8回。いずれも午前9時50分にゴンドラ山麓駅を出発。山頂駅までゴンドラで上り、山や高山植物についてガイドの解説を聞きながら山頂周辺をトレッキングする。午後3時解散予定。

 定員は各日30人(最少催行人員5人)。料金は大人4千円、小学生2500円。料金にはゴンドラ往復料金、ガイド料、弁当代、保険料を含む。参加希望日の3日前までに阿仁スキー場に申し込む。

 問い合わせは阿仁スキー場TEL0186・82・3311

北秋田市

秋田
縄文号乗って伊勢堂岱の日帰り旅を 内陸線がイベント列車
秋田
クマも喜ぶ? ハチミツ入りプリン、道の駅たかのすに登場
秋田
本格的な観光シーズン到来、太平湖で湖水開き 北秋田市森吉
秋田
星空列車、今年も乗って 秋田内陸線、11月末まで運行
秋田
県民に親しまれる、あの味がおかきに 3社共同開発、商品化