津波被害 写真と映像で残す 大船渡市立博物館で企画展

東日本大震災前後の街並みが分かる大型写真展示
 大船渡市末崎町の市立博物館(長沢敏之館長)は特別展示室で企画展「津波災害からの復興」を開催している。

 1960年のチリ地震津波と東日本大震災で被災した同市の復興の歩みを100枚以上の写真と映像などで紹介。震災発生から10年がたった今、再び津波防災への意識を高める契機とする。

 同企画展は8月22日まで。開館時間は午前9時~午後4時半で月曜休館。料金は一般300円(高校生以下無料)。碁石海岸観光まつりが開催される5月3、4日は無料。図録も1部600円で販売。問い合わせは同館(0192・29・2161)へ。

大船渡市

岩手
浜の「顔」グッズ化 本県沿岸部の企業とヴィレッジヴァンガード
岩手
ピーマンティー 名物へ 大船渡、規格外品で本格販売
岩手
思い出の海 防潮堤に描く アートコネクトおおふなと
岩手
キャンプ場利用1万人突破 大船渡の碁石海岸、再整備後
岩手
三陸ジオで人気上昇 大船渡市立博物館、研究や学習の拠点に