JAL機内食シェフ監修、美郷料理いかが 町内飲食店で提供

料理を監修したJALの堀内さん
 日本航空(JAL)の機内食シェフが監修したメニューが13日から、美郷町の飲食施設5カ所で宿泊や宴会のメニューとして提供されている。美郷産のいぶりがっこが入ったポテトサラダ、県産の山菜を使った炊き込みご飯―。美郷ならではの食材を生かした料理を監修したのは、JALの堀内陽彦さん(62)=兵庫県出身=だ。

 堀内さんは高級料亭を経営する吉兆(大阪市)などで長年腕を振るい、現在はJALの国際線機内食の和食を総括している。

 今回の監修は、美郷町とJALが結んでいる地域活性化を目的とした連携協力協定をきっかけに実現した。町の第三セクター・あきた美郷づくりが、運営する施設の飲食部門を強化しようとシェフ派遣を要請。JALは、新型コロナウイルスの影響で国際線の運航が減っていることから要請を受け入れた。

 堀内さんは昨年11月30日~12月2日に美郷町を訪れ、各施設を視察。調理師らと意見を交わした。その後、地元の調理師らと共同で料理を開発し、3月に再び来町して調理を指導、町独自のメニューを完成させた。

 9日に同町金沢の道の駅美郷で行われた試食会では、町関係者らが地元食材を使ったコース料理に舌鼓を打った。料理を説明した堀内さんは「地元の食材を生かし、季節感も大事にした。町内外の皆さんに楽しんでほしい」と話した。

 松田知己町長は「このメニューは町の特色、個性の一つになる。町の『特食』として発信することで、町外の人にも来てほしい」と述べた。

 宴会メニュー(税込み5500円~)として提供されるのは、美郷づくりが運営する千畑温泉サン・アール、六郷温泉あったか山、湯とぴあ雁(かり)の里温泉、町宿泊交流館ワクアス、ニテコ名水庵の5カ所。サン・アールでは宿泊プランの夕食としても提供する。いずれも3日前までの予約が必要。

 道の駅美郷では、リニューアルオープンした先月31日から、堀内さんが監修した「美郷ラーメン」と「美郷焼きそば」を提供している。5月中旬からは、同じく監修を受けたオムライスやハンバーグなどの新メニューも提供予定。

美郷町

秋田
何が出る? それは買ってのお楽しみ! 65テラスの自販機
秋田
「道の駅美郷」全面リニューアル 限定でサキホコレ提供へ
秋田
コメのおいしさ楽しんで 道の駅美郷、31日に全面リニューアルオープン
秋田
愛犬と一緒に泊まってね あったか山のコテージ改装、美郷町
秋田
美郷町で本場のジェラート大人気 週末は長蛇の列