胴吹き桜 早くもほころぶ/青森・桜川

胴吹きの花が早くも咲き始めた桜の木=7日午前11時半、青森市桜川

 7日の青森県内は緩やかに高気圧に覆われ、日中は曇りや晴れの穏やかな天候となった。青森市では一部で早くも桜のつぼみがほころび始め、道行く市民が花を見上げて本格的な春の到来を喜んだ。

 同市桜川の桜並木では、日当たりのいい木を中心に胴吹き桜が数カ所で咲き始めた。桜川5丁目の聖ヤコブ幼稚園近くにある木では、4メートルほどの高さで4、5輪のつぼみが開花。付近をよく散歩するという70代女性は「今年はずいぶん早い。桜の時期はこの辺を歩いていると気持ちいいですよ」と話していた。

 青森地方気象台によると、県内は8日夜から9日にかけ、上空約1500メートルに氷点下6度以下の強い寒気が流れ込む影響で雪や雨になる見込み。同気象台は平地でも雪の積もるところがあるとして、積雪や交通障害、農作物管理への注意を呼び掛けている。

岩手
交流生む新たな村の顔 道の駅たのはた本格オープン
岩手
レトロ校舎あす再出発 遠野のふるさと学校、目玉は森林鉄道展
青森
散って絶景 花筏/弘前さくらまつり23日から本会期
秋田
「疲れ吹き飛ぶ美しさ」 桜並木220本壮観、湯沢
青森
津鉄で「全線開業90周年+1」車両出発式