胴吹き桜 早くもほころぶ/青森・桜川

胴吹きの花が早くも咲き始めた桜の木=7日午前11時半、青森市桜川

 7日の青森県内は緩やかに高気圧に覆われ、日中は曇りや晴れの穏やかな天候となった。青森市では一部で早くも桜のつぼみがほころび始め、道行く市民が花を見上げて本格的な春の到来を喜んだ。

 同市桜川の桜並木では、日当たりのいい木を中心に胴吹き桜が数カ所で咲き始めた。桜川5丁目の聖ヤコブ幼稚園近くにある木では、4メートルほどの高さで4、5輪のつぼみが開花。付近をよく散歩するという70代女性は「今年はずいぶん早い。桜の時期はこの辺を歩いていると気持ちいいですよ」と話していた。

 青森地方気象台によると、県内は8日夜から9日にかけ、上空約1500メートルに氷点下6度以下の強い寒気が流れ込む影響で雪や雨になる見込み。同気象台は平地でも雪の積もるところがあるとして、積雪や交通障害、農作物管理への注意を呼び掛けている。

岩手
冬の花畑、輝く薄紫 岩手町・石神の丘イルミネーション
岩手
「浄法寺のねこ」部屋が誕生 二戸・天台の湯、ご当地キャラ尽くし
秋田
上桧木内で10日「紙風船上げ」 3年ぶり観光行事
青森
三沢空港にりんご提灯/羽田4便維持へ盛り上げ
青森
GMUのふるさとナビ2 大間・マグロ三昧