沿線の喜び、歓迎の踊り 宮古、三鉄全線復旧1年祝う

三陸鉄道の全線再開1年を祝い、津軽石さんさ踊りを披露する住民=20日、宮古市津軽石
 宮古市の住民団体、津軽石駅にぎわいクラブ(白石雅一会長)は20日、三陸鉄道(同市、中村一郎社長)の全線復旧1周年を祝うイベントを津軽石駅で開いた。2019年の台風19号で被災し、復旧した区間を走る列車を住民が歓迎し、節目の日を盛り上げた。

 上下線が同駅を発車する午前10時11分に合わせ、郷土芸能団体津軽石さんさ踊り保存会(舘下光利会長)のメンバー13人がさんさ踊りを披露。住民らが拍手で車両を送り出した。

 駅舎には地元女性らによる新巻きザケの縫いぐるみが飾り付けられ、演歌歌手三本木智子さんのミニライブも開かれた。

 三陸鉄道は東日本大震災の被災から復活し、リアス線(163キロ)として運行開始した19年、台風19号で77カ所が再び被災し、区間の7割が一時運休した。順次復旧作業を進め、20年3月20日に全線復旧した。

宮古市

岩手
笑顔あふれる新広場 宮古・道の駅やまびこ館、大型遊具を設置
岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区