白銀に輝く海の世界 安比高原、きょうまで開催

雪上に映し出された海の世界で、そり遊びを楽しむ子どもたち=13日、八幡平市・安比高原スキー場
 雪上に映像を投影するプロジェクションマッピングイベント・安比ホワイトスノーアクアリウムは13日夜、八幡平市の安比高原スキー場で初開催され、来場者は雪と「海」とのコラボレーションを楽しんだ。

 市内の観光関係団体などでつくる雪質の魅力増進連携会議主催。会場では雪の水族館をテーマにしたCG映像を縦10メートル、横20メートルの雪上に投影した。カメやイルカなどが泳ぐ様子に合わせ、子どもたちがそり滑りを楽しんだ。

 両親と訪れた佐々木夢仁(ゆめと)君(八戸市・青潮小3年)は「かわいいペンギンと一緒に海の中にいるみたい」と声を弾ませた。

 イベントは14日まで。午後5~9時。入場無料。

 盛岡地方気象台によると、14日の県内は気圧の谷などの影響で曇りや晴れの見込み。予想最高気温は盛岡11度、宮古と大船渡15度で、3月下旬から4月下旬並みの陽気となりそうだ。

八幡平市

岩手
酒と器 魅力コラボ 八幡平市で展示販売イベント
岩手
集まれ スノボ愛好者 安比高原スキー場クエストパーク開業
岩手
冬の恵み熱く発信 八幡平・安比ゆきフェスティバル
岩手
アル君、ありがとう サラダファームの名物アルパカ悼み献花台
岩手
冬の美 七滝の氷瀑 八幡平市、本紙記者が散策