来場者、距離を保ちナマハゲ楽しむ 柴灯まつり開幕

マスクを着用し、距離を取りながらナマハゲを撮影する来場者
 「なまはげ柴灯(せど)まつり」が12日夜、秋田県男鹿市北浦の真山神社で始まった。今年は、入場者数に上限を設けて事前申込制とし別会場も設けるなど、新型コロナウイルス感染対策を徹底した上で開催。例年のように会場が来場者で埋め尽くされるような光景は見られず、適度な距離を保ちながら迫力あるナマハゲの姿を楽しんでいた。14日まで。

 真山神社の神事「柴灯祭」と、民俗行事「ナマハゲ」を組み合わせた観光行事で、市や市観光協会などでつくる実行委員会が主催。コロナ禍で県内の冬のまつりが相次ぎ中止となる中、伝統行事を途絶えさせず地元経済の活性化につなげるため開催を決めた。感染対策として一部行事を中止・変更し、1時間半に短縮。来場者の上限を1日千人にするなどした。

 例年は3日間で約7500人、初日は約2千人が訪れているが、この日来場したのは360人。若者たち10人がナマハゲの面を授かる儀式で幕開けし、ナマハゲ行事の再現やなまはげ踊りなどが繰り広げられた後、ナマハゲと化した若者たちがたいまつを手にゆっくりと山を下りた。来場者と距離を取りながら、かがり火がたかれた境内を雄たけびをあげながら歩き回った。

 仙台市から訪れた通訳案内士の高橋昌子さんは「初めて見たが、とても神秘的で素晴らしかった。ナマハゲから一年間頑張る力をもらった気がする」と感激していた。

 観客を分散させるため、今年は複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)にサテライト会場を設けた。来場者はデジタルサイネージ(電子看板)で生配信されたまつりの様子を楽しんだ。花火の打ち上げやなまはげ太鼓の演奏も行われた。

 まつりは13、14日も午後6時から開催。両日とも上限の千人に達していないため、当日参加も可能(1人千円、高校生以下無料)。オガーレは入場無料で、正午~午後9時。

男鹿市

秋田
なまはげ太鼓ライブ、入場者50万人突破 男鹿「五風」
秋田
フブキ「ちっちゃい」「かわいい」 親子の姿に歓声、GAO
秋田
豪太とユキの子の名前、投票しよう! GAO、7候補を発表
秋田
水怖がってたけど…ホッキョクグマ赤ちゃん、ついに泳いだ!
秋田
男鹿に唯一のレンタカー店誕生 観光客の新たな足に