義経の愛馬、歴史知って 一関・千厩で特別展

来場者に大夫黒を説明する、千厩大夫黒馬っこの会会員の千葉正子さん(右奥)
 源義経の愛馬で、一関市千厩町で育ったとされる大夫黒(たゆうぐろ)の特別展(千厩大夫黒馬っこの会主催)が6日、同町のショッピングモールエスピアで始まり、歴史に名を残す駿馬の武勇伝を幅広く紹介している。

 義経と人馬一体で活躍した源平合戦を中心に、大夫黒にまつわる写真や錦絵のパネルなどを展示。会員の千葉正子さん(66)が手作りしたマスコット人形、昆野洋子会長(78)が名馬を描いた紙芝居も目を引く。

 同町の馬事資料館が所蔵するあぶみ、くらなど馬具も展示され、馬産地千厩の歴史も理解できる。千葉さんは「昔は人と馬が仲良しで、良き伴侶だったことを伝えたい」と呼び掛ける。

 午前10時~午後4時、入場無料。最終日の14日は午前11時から大夫黒の紙芝居や講談が披露される。

一関市

岩手
雪遊び、笑顔いっぱい いちのせき雪上楽園オープン、30日まで
岩手
雪化粧の猊鼻渓、楽しんで 一関・こたつ舟から見る絶景
岩手
餅文化PRへ新パネル 一ノ関駅で食推進会議、料理20種を紹介
岩手
時代駆ける、水かけ祭り 一関・大東図書館でポスター展示
岩手
シクラメン、心も華やぐ 一関、出荷時季迎える