立派に成長 三陸の味 大船渡で早採りワカメ収穫体験

地元漁師に教わり、ワカメを収穫する末崎中の生徒=26日、大船渡市・門之浜湾
 26日の岩手県内は、気圧の谷や湿った暖気の影響で曇り、気温も上がった。大船渡市の末崎中(村上誠校長、生徒68人)の1年生23人は門之浜湾で早採りワカメの収穫を体験した。

 漁船で港を出発し、1キロ先の女島(おなじま)漁場に到着。養殖ロープを引き上げると茶褐色のワカメが姿を現した。波が強くうねる船上で、カッターを手に真剣な表情で刈り取った。

 生徒は昨年12月の種糸の巻き付けから関わり、同日の収穫は約100キロ。浜守蒼空(そら)さんは「末崎のワカメは漁師さんが思いやりを持って作っている。大好き」と笑顔で語った。生育が進んだ段階の本刈りは3月初旬を予定する。

大船渡市

岩手
大船渡夏まつり 8月6、7日開催へ 規模縮小し2年ぶり
岩手
色鮮やか 五葉山の初夏 ヤマツツジ、青空に映え
岩手
美しい大船渡を空撮 ドローンパイロットの写真や動画展示
岩手
三陸走破のレース開催へ 23年に500人規模で計画
岩手
古里発信、華やぐ笑顔 第23代大船渡つばき娘に3人