立派に成長 三陸の味 大船渡で早採りワカメ収穫体験

地元漁師に教わり、ワカメを収穫する末崎中の生徒=26日、大船渡市・門之浜湾
 26日の岩手県内は、気圧の谷や湿った暖気の影響で曇り、気温も上がった。大船渡市の末崎中(村上誠校長、生徒68人)の1年生23人は門之浜湾で早採りワカメの収穫を体験した。

 漁船で港を出発し、1キロ先の女島(おなじま)漁場に到着。養殖ロープを引き上げると茶褐色のワカメが姿を現した。波が強くうねる船上で、カッターを手に真剣な表情で刈り取った。

 生徒は昨年12月の種糸の巻き付けから関わり、同日の収穫は約100キロ。浜守蒼空(そら)さんは「末崎のワカメは漁師さんが思いやりを持って作っている。大好き」と笑顔で語った。生育が進んだ段階の本刈りは3月初旬を予定する。

大船渡市

岩手
浜の「顔」グッズ化 本県沿岸部の企業とヴィレッジヴァンガード
岩手
ピーマンティー 名物へ 大船渡、規格外品で本格販売
岩手
思い出の海 防潮堤に描く アートコネクトおおふなと
岩手
キャンプ場利用1万人突破 大船渡の碁石海岸、再整備後
岩手
三陸ジオで人気上昇 大船渡市立博物館、研究や学習の拠点に