息ぴったり、雪原疾走 八幡平・犬ぞりレース

青空の下、競り合いながらゴールに駆け込む4匹引きのレース参加者
 犬ぞりレースのマッシャーズチャンピオンシップ岩手山大会(実行委主催)は23日から2日間の日程で、八幡平市松尾寄木の特設会場で始まった。人と犬たちが息を合わせ、ゴール目指して駆け抜けた。

 県内外から延べ35チーム約100匹が出場。青空の下、くっきりと姿を見せた岩手山を背に、一面雪景色のコースを「人犬一体」で駆けた。

 実行委によると、今季は新型コロナウイルス感染症の影響で、北海道や群馬県などの大会が中止となっている。今大会の参加者も例年より少ないという。

 6匹引きのレースに出場した同市柏台の会社員、福島加奈恵さん(35)は「遠征も限られる中で調整の難しさがあったが、持っている力を出して最後まで頑張って走ってくれた」と犬たちに声を掛けた。

 24日は同会場で午前9時半から競技開始予定。

八幡平市

岩手
冬に輝くドラゴンアイ 八幡平市の複合施設周辺でライトアップ
岩手
安比高原2ホテル、新ブランドで開業 岩手ホテルアンドリゾート
岩手
銀世界、滑り出す 県内2スキー場、今季営業を開始
岩手
漆の奥深さ伝える 二戸市と八幡平市の2館で特別展
岩手
冬へ続く光の道 八幡平市・サラダファームで点灯