「錦見の滝」に氷の造形 鹿角市

今冬の厳しい冷え込みで、一部が凍った「錦見の滝」
 滝の名所が点在する秋田県鹿角市十和田大湯地区で、「錦見(にしきみ)の滝」が今冬の厳しい冷え込みにより一部が凍り付き、氷の造形を作り出している。

 錦見の滝は、同地区の「中滝ふるさと学舎」から北東に1キロほど。落差は約11メートルで、昨年12月下旬ごろから凍り出したという。

 13日午前は、つららが折り重なるように滝の両側や中央付近で凍結し、その間を水が豪快に流れ落ちていた。

 大湯地区の滝に詳しい同地区の湯瀬政弘さん(74)は「今後の天気や気温によるが、凍結は2月中旬まで見られそう。雪庇(せっぴ)などに注意しながら歩いてほしい」と話した。

鹿角市

秋田
ストーンサークル館、入館50万人 世界遺産勧告後から急増
秋田
鹿角の魅力詰め込んだ「カヅメ」登場 ホルモン缶など3種類
秋田
直売所広々、買い物楽しんで 道の駅かづの、リニューアル
秋田
雪の回廊、除雪作業進む 八幡平アスピーテライン
秋田
スノーキャンドル1300個、幻想的な雰囲気 道の駅かづの