数年に一度?白いナマコ 釜石の岩手大三陸水産研究センター

釜石湾で発見された白いナマコ
 釜石市平田(へいた)の岩手大三陸水産研究センター(平井俊朗センター長)が入り口ホールに展示している水槽に、8センチほどの白いナマコが仲間入りした。

 同センターの後藤友明准教授によると、県内での白い個体の出現は4、5年に1個体程度。釜石湾でナマコ漁中の地元の70代漁業者が見つけ、寄贈した。

釜石市

岩手
沿岸最大級、ドッグラン24日開業 釜石のホテル、一緒に宿泊も
岩手
うま味凝縮、カキ缶詰 「桜満開牡蠣」の水煮を開発
岩手
根浜海岸、待望の「完全復活」 釜石、震災で砂浜が流失
岩手
心身安らぐ宿再開へ 釜石・台風19号被災、土砂災害強い構造に
岩手
偏食の子思いのビスケット 釜石・小島製菓が開発