二戸弁ラジオ体操 CDに 人気番組「うわののじさま」再収録

ラジオ体操のCD化で「一緒に体を動かしてほしい」と期待する折舘一男さん(右)と福原直樹さん
 二戸市の認定NPO法人カシオペア市民情報ネットワーク(中田勇司理事長)が運営するコミュニティーFM、カシオペアFM(大久保瞳放送局長、77・9メガヘルツ)は、人気番組「うわののじさまのラジオ体操」のCD化に取り組んでいる。児童、幼児を対象に表紙を飾る似顔絵を募集するコンテストを実施しており、来年3月末にリリースする予定。

 同局は毎日2回、「うわののじさま」として活動する折舘一男さん(85)=一戸町一戸=による二戸弁のラジオ体操を放送している。方言を交えたユニークなもので、リスナーからも大好評だ。

 新型コロナウイルス感染症の影響で家にこもりがちなことや、長年にわたりファンなどから要望があったことから今回、CD化を計画。ピアノの生演奏に合わせて再収録した。

 18日まで市内の小学生と年長の園児を対象に、「わたしとばさま、ぼくとじさま似顔絵コンテスト」を実施。最優秀作品1点をCDジャケット表紙に採用するほか、優秀作品25点もジャケットに掲載する。CDは300枚作成予定で、希望する学校や町内会、事業所、団体などに贈る予定。

 折舘さんは「コロナに勝つには体が丈夫でなくてはいけない。一緒にラジオ体操で体を動かしてもらいたい」と強調。同局パーソナリティーの福原直樹さん(37)は「子どもから大人まで、幅広い世代に活用してほしい」と期待する。

二戸市

岩手
県北、県央の酒蔵堪能を 盛岡振興局、来月までスタンプラリー
岩手
地球の問題テーマに 二戸・福田繁雄館、50回目企画展
岩手
手作り雪明かり 心癒やす 二戸市の神社でイベント
岩手
木目鮮やか、魚の彫刻展 二戸・シビックセンター、来月14日まで
岩手
小学生よ旅に出よう IGRが片道100円切符