賢治の世界、十人十色 花巻・小中学生らの絵画展

宮沢賢治作品をモチーフにした多彩な絵画が並ぶ会場
 「イーハトーブ花巻・賢治さんの世界を描く絵画展」は25日まで、花巻市高松の宮沢賢治イーハトーブ館(安藤恭子館長)で開かれ、賢治作品をテーマにした小中学生らの作品が来場者の心をつかんでいる。

 宮沢賢治学会イーハトーブセンター設立30周年を記念して開催。市内外の小学校15校と中学校3校の子どもらの絵画と版画計100点、同市城内の元小中学校教諭似内顕也さん(77)の教え子が描いた絵画10点を展示している。

 童話「オツベルと象」で白い象が炭火を吹いたり、仲間の象に助けられる場面など、子どもたちが作品を読んで印象に残った場面を伸び伸びと表現している。

 入場無料。午前8時半~午後5時(最終入館は同4時半)で期間中無休。問い合わせは同館(0198・31・2116)へ。

花巻市

岩手
勇壮山車 地域盛り上げ 花巻・石鳥谷秋友会、まつり中止も公開
岩手
さあ家族で手作り冷麺 花巻の企業「FASHIP」がキット発売
岩手
待ってたSL銀河 今季初運行、花巻で歓迎
岩手
被災者に寄り添う絵手紙 花巻・ボランティア蟻灯の会が展示会
岩手
タマゴサンド店に活路 健康志向、新収入源へ