猊鼻渓(一関市東山町)

猊鼻渓
 旧長坂村村長佐藤猊巌(げいがん)らが砂鉄川の渓谷を観光開発し、1910(明治43)年に命名。高さ50メートルを超す石灰岩の巨岩や絶壁が約2キロにわたって続く。1925(大正14)年に本県で初の国の名勝に指定された。同年に大船渡線が開通。北海道で江差追分など民謡の稽古を積んだ鈴木朗月(ろうげつ)が、地元有志と「げいび追分」を完成させた。船頭が「げいび追分」を歌いながら、長さ約5メートルのさお1本を操り、川の砂底に突いて舟を進める「舟下り」が有名。日本百景の一つ。

青森
上十三の酒造会社支援 地酒詰め合わせ第3弾
SL銀河出迎え、有終のおもてなし JR花巻駅でキャンペーン
青森
バーやシアター ストーブ列車で夜の憩い
岩手
欧州家庭料理、テイクアウトで楽しんで 花巻「サジオ」28日開店
秋田
10月1日「大曲の花火・秋の章」 2年ぶり、8千発夜空へ