猊鼻渓(一関市東山町)

猊鼻渓
 旧長坂村村長佐藤猊巌(げいがん)らが砂鉄川の渓谷を観光開発し、1910(明治43)年に命名。高さ50メートルを超す石灰岩の巨岩や絶壁が約2キロにわたって続く。1925(大正14)年に本県で初の国の名勝に指定された。同年に大船渡線が開通。北海道で江差追分など民謡の稽古を積んだ鈴木朗月(ろうげつ)が、地元有志と「げいび追分」を完成させた。船頭が「げいび追分」を歌いながら、長さ約5メートルのさお1本を操り、川の砂底に突いて舟を進める「舟下り」が有名。日本百景の一つ。

岩手
「ゴルゴ13」漫画家の世界 花巻、さいとう・たかをさん企画展
秋田県内の中止・延期イベント、休館情報
秋田
稲庭うどんの職人を熱演 わらび座新作、28日から
青森
透明感あふれる美、「金魚美抄」28日開幕
岩手
首都圏で「盛岡」感じて 有志団体、関連スポットをマップ化