心身癒やす リンゴ風呂 宮古・湯ったり館

200個以上のリンゴを浮かべたリンゴ風呂で疲れを癒やす利用客
 宮古市茂市の湯ったり館(山口公正社長)は23日、大浴場にリンゴを浮かべる「リンゴ風呂」を企画した。入浴客は真っ赤なリンゴに秋の深まりを感じながら日々の疲れを癒やした。

 同館が毎年続ける秋の風物詩で、市内の農家から規格外のリンゴの提供を受けた。男女の大浴場にそれぞれ約200個を浮かべ、ほのかな果実の香りで入浴客を出迎えた。

 同市河南から訪れた主婦大手慶子さん(75)は「リンゴと一緒に湯に入ると気分が良くなる」と満喫。孫で磯鶏小5年の涼葉(りのは)さんも「リンゴがおいしそうだった」と楽しんだ。

 同館では毎月季節にちなんだ催しを企画し、来月は同市新里地域特産の「かぼちゃラーメン」を販売する。同館フロア主任の藤沢良さん(42)は「コロナ流行による利用者の減少がつらいが、工夫しながら集客していきたい」と見据えた。

宮古市

岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区
岩手
「毛ガニ祭り」盛岡に出張 宮古産 27、28日に販売会