牛乳クリームサンド好評 田野畑山地酪農と福田パンがコラボ

田野畑山地酪農牛乳と福田パンがコラボした牛乳クリームサンドのヒットを喜ぶ吉塚公雄社長
 田野畑山地(やまち)酪農牛乳(田野畑村、吉塚公雄社長)と福田パン(盛岡市、福田潔社長)がコラボし開発した牛乳クリームサンドの売れ行きが好調だ。こだわりの牛乳の風味を生かした甘さ控えめのクリームが特長で、人気のあんバターに次ぐヒットとなっている。

 商品名は「田野畑山地酪農牛乳クリームサンド」。通常の牛乳クリームは牛乳の割合が20%程度だが、濃厚な山地酪農牛乳を44%使用し、ミルクの風味を最大限引き出した。

 自然放牧による100%自然循環型農法にこだわる吉塚社長の情熱や取り組みに憧れを抱く福田社長が吉塚社長にコラボを依頼し実現。吉塚社長の「牛乳の味を生かしてほしい」という意見を基に、甘すぎず飽きのこない味に仕上げた。

 福田パンの直営3店舗で7月から先行販売(1個169円)し、現在は福田パンを取り扱うスーパーなどでも販売。10月は1日平均1500個ほど出荷、直営店では不動の1番人気「あんバター」に次ぐ注文数を誇っている。

 吉塚社長は「非常においしいクリーム。売れ筋と聞いてうれしい」と喜び、福田社長は「コロナで売り上げが落ちている中、大ヒット商品が生まれてありがたい。手間暇や苦労を惜しまない、吉塚さんの牛乳へのこだわりを感じてほしい」とアピールする。

田野畑村

岩手
新道の駅 愛称は「思惟の風」 田野畑、移転リニューアル準備着々
岩手
三鉄ツアー ゾロリと一緒に ラッピング列車、19日から
岩手
昭和の趣 交流の場に 田野畑・古民家を活用、宿泊も
岩手
潮風爽快、真夏の冒険 サッパ船、定期運航開始
岩手
北山崎観光船 20日から運航 田野畑・断崖クルーズ