奥州市南部鉄器まつり新様式 ネット活用、格安販売も

職人の技が光る品々が並んだ奥州南部鉄器展の会場
 奥州市南部鉄器まつり(実行委主催)は23日まで、同市水沢羽田町の市伝統産業会館などで開かれている。地元職人が作った南部鉄器の新作を展示するほかオンラインでの格安販売も行っている。

 同館では第60回奥州南部鉄器展が開かれ、鉄瓶や急須、鍋や風鈴など新作32点がずらりと並ぶ。同市のふるさと納税返礼品の南部鉄器も飾られ、来場者は職人たちの精緻な工芸技術を楽しんでいる。

 今年は新型コロナウイルス感染症防止のために恒例の販売会を行わず、同まつりのホームページを「まつり会場」として、南部鉄器の鉄瓶などをオンラインで5割引きで販売している。

 同まつりは41回目。実行委の佐藤庄一会長(76)は「南部鉄器は毎年新たな発想の作品がどんどん出てきて面白い。この機会に鉄器の魅力を実感してほしい」と呼び掛ける。

奥州市

岩手
甘くておいしい真っ赤なイチゴ 奥州・来夢くん農園営業開始
岩手
ひめかゆ温泉に宿泊し仕事を 4プラン、奥州市が返礼品に
岩手
蘇民祭 熱く伝える280枚 奥州で写真展
岩手
初競り 昨年の半額 「江刺りんご」コロナ影響70万円に
岩手
踊りの力で地元元気に 奥州で初イベント、15団体300人が出演