「ドラゴンアイ」販売開始 八幡平市で醸造のビール3種

販売が始まった缶ビール「ドラゴンアイ」。市内外から買い物客が訪れた
 八幡平市初のクラフトビール醸造所・暁ブルワリー八幡平ファクトリー製造の缶ビール「ドラゴンアイ」の市内での販売が15日始まった。市内外から多くの観光客らが訪れ3種のオーガニックビールを手に取った。

 同日は同市松尾寄木の醸造所前にキッチンカーを置き、「スカイ」と「マグマ」、10月26日の試飲会後に仕上がった「サン」を販売。午前10時半の販売開始前から買い物客が訪れ、にぎわいを見せた。

 年内には4種類目の「スノー」を出荷予定。市内では宿泊施設の八幡平ハイツでも販売中で、今後は市内の他宿泊施設や産直への出荷も目指す。

 醸造所を運営する太極舎(東京都渋谷区)の岡部泉社長(65)は「多くの方から『楽しみにしていた』と声を掛けていただきありがたい。この土地のおかげで完成したビールなので、まずは地元のお店から提供していきたい」と先を見据える。

 1缶350ミリリットル入り。スカイ385円、マグマとサンは418円。購入する際は同醸造所(0195・78・8994)に事前連絡する。

八幡平市

岩手
歴史伝え来館5万人 八幡平市博物館、約20年で達成
岩手
きらめく冬、今年も 八幡平市・サラダファーム
岩手
「八幡平マッシュルーム」地域団体商標に 県内7件目の登録
岩手
車を軸にアウトドア提案 来年4月、八幡平市に総合施設開業へ
岩手
緑鮮やか ほうれん草餃子 道の駅にしねで販売