車を軸にアウトドア提案 来年4月、八幡平市に総合施設開業へ

来春の本格オープンを目指して整備が進むクルマアソビコンセプトエリア
 盛岡市のカーディーラーエヌズ・ステージ(矢羽々博征社長)は、八幡平市細野にアウトドア総合施設「クルマアソビコンセプトエリア」を整備している。宿泊やアウトドア体験など車を軸に据えたエリアで、来年4月の本格オープンを目指す。

 宿泊施設「ロッジタンデム」南側の一角に、ログハウス1棟やドーム型の宿泊施設2棟、オートキャンプサイトを設けた。今後、トレーラーサウナやバギーで走れるオフロードコースも整備する。

 同社は八幡平市内で長年「ジムニー祭り」を展開するなど、車を通じたイベントを企画。矢羽々社長(50)は「幅広い世代の方々に、素晴らしい自然と車を通じた楽しみ方を提案したい」と意気込む。14、21、28日には施設の見学会も開催する。問い合わせは同社(0120・489・025)へ。

八幡平市

岩手
八幡平温泉郷に「食」発信拠点 「ノーザングランデ」22日開業
岩手
八幡平の魅力解き明かせ 温泉郷、安比高原で初の催し開催へ
岩手
キャンプサイト開設 八幡平ハイツ、ホテルサービス連動
岩手
縄文時代、ペン画で発信 八幡平市で「土偶の魅力」展
岩手
「そら」と「すばる」が仲間入り 八幡平市のサラダファーム