「おらおらで」映画公開 主演の田中裕子さんら舞台あいさつ

公開初日の舞台あいさつで作品をPRする田中裕子さん(右)と蒼井優さん=6日、東京都中央区
 【東京支社】遠野市出身の若竹千佐子さんの芥川賞受賞小説を原作とした映画「おらおらでひとりいぐも」(沖田修一監督)は6日、全国公開がスタートした。東京都中央区のTOHOシネマズ日本橋では、主演の田中裕子さんのほか、蒼井優さん、浜田岳さん、青木崇高さんら俳優陣、沖田監督が舞台あいさつし、映画をPRした。

 夫を亡くして以来、気持ちが沈む75歳の主人公・桃子さんの内面と新たな一歩を踏み出すまでの1年を描く作品。主人公を演じた田中さんは15年ぶりの映画主演となった作品を「想像を超えてポップな映画。お客さんが見終わったら、少しでもはじけてもらえたら幸せ」と呼び掛けた。

 若き日の主人公役の蒼井さんは「田中さんと同じ役を演じ、一緒に仕事ができて夢のようだった」と強調。主人公の心の声を演じた浜田さんは「すごく挑戦的な役だったが、とても自由に演じられた」、青木さんは「浜田さんが(現場で)かなり引っかき回してくれた。桃子さんの周りで楽しく動けた」と述べた。

 全国約190館で公開し、本県では盛岡市の中央映画劇場、盛岡ルミエール、フォーラム盛岡、北上市のイオンシネマ北上、一関市の一関シネプラザの5館で上映している。

岩手
手芸で地域に恩返し 二戸市の趣味サークル、秋の感謝祭初開催
岩手
心安らぐ光、商店街包む 宮古・イルミネーション点灯
岩手
歴史伝え来館5万人 八幡平市博物館、約20年で達成
岩手
牛乳クリームサンド好評 田野畑山地酪農と福田パンがコラボ
岩手
奥州市南部鉄器まつり新様式 ネット活用、格安販売も