八幡平は冬の装い 本州初、盛岡で初霜

雪化粧したアオモリトドマツが青空に映える八幡沼周辺=28日、八幡平市
 28日の岩手県内は晴れ、朝は放射冷却の影響で冷え込んだ。36観測地点中12地点で今季最低を記録し、盛岡は本州で今季初めて初霜を観測。八幡平市と秋田県にまたがる八幡平(1613メートル)は雪景色となった。

 同日午前、八幡平山頂付近は15センチほど雪が積もり、岩手山を背景に雪化粧したアオモリトドマツの緑が青空に映えた。同市と秋田県を結ぶ八幡平アスピーテライン・樹海ラインは来月4日夕、冬季通行止めに入る。

 観光で訪れた岐阜市の秋山恵子さん(67)は「雪を見られるとは思わなかった。青空に映えて美しい」と声を弾ませた。

 盛岡地方気象台によると、初霜は平年より6日遅く昨年より7日早い。

八幡平市

岩手
酒と器 魅力コラボ 八幡平市で展示販売イベント
岩手
集まれ スノボ愛好者 安比高原スキー場クエストパーク開業
岩手
冬の恵み熱く発信 八幡平・安比ゆきフェスティバル
岩手
白銀に輝く海の世界 安比高原、きょうまで開催
岩手
アル君、ありがとう サラダファームの名物アルパカ悼み献花台