中尊寺 来客迎える菊鮮やか 来月15日までまつり

金色堂のオブジェを彩る黄色や紫色の菊=22日、平泉町平泉・中尊寺
 23日は二十四節気の霜降(そうこう)。霜が降り始める時季とされる。平泉町平泉の中尊寺(奥山元照(げんしょう)貫首)では、色鮮やかな菊が境内を彩っている。

 第34回中尊寺菊まつり(同協賛会主催)を開催中で、金色堂のオブジェを囲むように黄色や紫色の菊が並ぶ。境内や参道には愛好団体や平泉小、長島小の4年生が育てた大菊466点を展示。来場者の目を楽しませている。

 修学旅行で訪れた神納(じんのう)ゆうかさん(愛知県・半田高2年)は「紫色のグラデーションがきれい」と見入った。同まつりは11月15日まで。

平泉町

岩手
奥州藤原氏しのび法要 平泉、春のまつり開幕
岩手
平泉のもてなしに栄誉 プロが選ぶ観光・食事施設で全国2位
岩手
東下り行列 秋を検討 平泉・春の藤原まつり規模縮小
岩手
義経伝説 胸を熱く 一関で平泉世界遺産10周年フェス
岩手
恒例の豆まき取りやめ 中尊寺、節分会を縮小