黒石寺 蘇民袋争奪戦は中止 来年2月、祈願のみ

荒々しい蘇民袋争奪戦を繰り広げる男衆=2月
 奥州市水沢黒石町の黒石寺は、来年2月18、19日に予定していた同寺蘇民祭の目玉である蘇民袋争奪戦を中止することを決め、藤波大吾住職(37)らが13日、小沢昌記市長に報告した。

 藤波住職と同蘇民祭保存協力会の菅野市夫会長(80)が市役所を訪れ、新型コロナウイルス感染症を踏まえ、「3密」回避が難しいことなど中止の理由を説明した。

 恒例の裸参りや柴燈木登(ひたきのぼり)なども行わず、檀家(だんか)らを集めて五穀豊穣(ほうじょう)や疫病退散の祈願のみ行う。

 同蘇民祭は千年以上の歴史があるとされ、藤波住職は「代々続く祭りの形が変わり残念だが、再来年以降へ歴史と思いをしっかりつないでいく」とした。

奥州市

岩手
奥州市南部鉄器まつり新様式 ネット活用、格安販売も
岩手
初競り 昨年の半額 「江刺りんご」コロナ影響70万円に
岩手
踊りの力で地元元気に 奥州で初イベント、15団体300人が出演
岩手
江刺産リンゴ、パンに凝縮 旬に合わせ計20品種
岩手
秋を彩る豪華山車 前沢春まつり代替イベント