期待ふっくらカキ出荷 陸前高田で作業スタート

取れたての状態で、次々と殻むきされるカキ=29日、陸前高田市小友町・両替漁港
 陸前高田市の広田湾で、今季のむき身カキの出荷作業が始まった。29日は同市小友町の漁業鈴木栄さん(69)、晃夫さん(40)親子が船上で作業し、大きく育ったカキを水揚げした。

 同市小友町の両替漁港から約5分の場所にある漁場。養殖いかだにつるした約8メートルのロープをクレーンでつり上げ、びっしりと連なった3年物のカキを船内に取り込んだ。

 漁港では家族らがせっせと殻をむき、漁協へ出荷した。10月1日には豊洲市場(東京)などに到着し、競りにかけられる。今季の水揚げは来年3月ごろまで続く見通し。

 栄さんは「これから身入りも味もさらに良くなっていく」と最盛期を見据え、晃夫さんは「新型コロナウイルス感染症の影響は心配だが、おいしいと言ってもらえるように届けたい」と思いを込める。

陸前高田市

岩手
郷土の味「カニのふわふわ」 陸前高田の食堂、食の匠直伝レシピ
岩手
ゆめちゃん優勝を祝おう アバッセ11日まで、買い物客にグッズ
岩手
実りの秋、魅力を堪能 陸前高田・神田葡萄園で収穫体験
岩手
夏イチゴ 被災跡に実る 大船渡の生産施設で初収穫
岩手
記憶伝え 来館20万人達成 陸前高田・東日本大震災津波伝承館