地域自慢の味と工芸品勢ぞろい カワトク・きょうまで催し

自慢の工芸品などが並ぶ展示会場
 もりおか味と工芸展2020(盛岡市産業まつり実行委主催)は22日まで、同市菜園のカワトクで開かれている。食品や工芸品など自慢の品々が並び、多くの買い物客でにぎわっている。

 39回を数えた市産業まつりの名称を今年から変更。陶器や漆器、着物などの工芸品、菓子やコーヒーなどの食品を扱う20事業者が出展した。短角牛を使った日替わり弁当など限定品も展開している。

 湯飲みや茶わんをそろえた南部焼不来方窯(同市山岸)の木村裕さん(48)は「じっくり見て、手に取って、しっくりくるものを選んでもらえるのがうれしい」と買い物客との交流を喜んだ。

 午前10時~午後7時(最終日同5時)。

盛岡市

岩手
盛岡さんさ踊りの観覧は県民限定 実行委、1日5千人を上限に
岩手
さんさ縮小開催の方向 盛岡で2年ぶり、観覧人数制限検討へ
岩手
盛岡シティマラソン開催へ 10月24日号砲実行委が方針
岩手
原敬の功績 大画面で 百回忌事業で盛岡の記念館、映像放映
岩手
チャグチャグ馬コ代替 分散開催へ 盛岡、滝沢、矢巾で6月12日