遊覧船割引、今月末まで延長 宮古・浄土ケ浜

来年1月で運航を終える浄土ケ浜遊覧船=7月、宮古市
 来年1月で運航を終える宮古市のみやこ浄土ケ浜遊覧船は、長年の感謝を込めて市民と県民の乗船料を割り引く「ありがとうキャンペーン」の期間を今月末まで延長している。

 市民は通常より500円安い大人千円、小人(6~12歳)500円、県民は300円安い大人1200円、小人600円。5歳以下は無料。窓口で身分証明書などで確認する。

 同遊覧船の割引は7月22日の運航終了発表から継続。新型コロナウイルスと、それに伴う帰省客の減少などで8月利用者は例年より減少し、国や県の観光支援事業を活用した県内客の需要が中心となっている。

 運営する県北バス遊覧船事業部の八重樫真部長は「秋のシーズンはホタテなど宮古の海の幸が出そろい、観光におすすめ。これまで乗る機会が少なかった市民にも乗船してほしい」と呼び掛ける。

宮古市

岩手
ネパールの夜景、幻想的に 宮古で故藤田さん写真展
岩手
磯遊び見守る三王岩 宮古・田老一小
岩手
三陸走破のレース開催へ 23年に500人規模で計画
岩手
古里の海でワイン熟成 宮古出身・盛岡のバー経営男性、自作70本
岩手
北三陸 味も眺めも格別 三鉄ランチ列車、6月末まで