ひめます料理の一例を紹介する十和田湖PRキャラクター「南そボーヤ」

 地域団体商標として登録されている「十和田湖ひめます」の多彩な料理を味わってもらおうと、青森県十和田市と秋田県小坂町の30店舗が連携して19日からスタンプラリーを展開する。スタンプの数に応じて、抽選で両市町の特産品が当たる。11月8日まで。十和田湖ひめますブランド推進協議会(佐々木千佳子会長)の主催で、今年が2回目。昨年は約600件の応募があった。

 ひめます料理は年々メニューが増えており、定番の塩焼きや刺し身のほか、ひめますのイクラを使った丼、ムニエル、唐揚げなど和食以外も。佐々木会長は「旅行で訪れた人が『初めて食べたけどとてもおいしい』と言ってくださる。もっと県外にもアピールしたい」と話している。

 参加店舗は湖畔のほか十和田市中心街にもあり、価格帯もさまざま。問い合わせは事務局(市とわだ産品販売戦略課、電話0176-51-6743)へ。

秋田
大型そり、たこ揚げ…楽しい思い出作ろう あす「県立中央公園冬まつり」
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
青森
三沢-青森「雪見列車」2月4日から復活
青森
湖畔に光の大輪輝く/「十和田湖冬物語」開幕
岩手
音声と共に、八幡平巡る ARアプリ活用、観光地接近で自動案内