見つけたら幸せになれるかも? 千秋公園にハートのサツキ

ハート形のサツキの木の前に立つ秋田市公園課の桜庭さん。職員の間でもあまり知られていないという
 秋田市の千秋公園で、二の丸跡の広場西側に並ぶサツキの中に、ハート形に見えるものがある。自然にこの形になったものではなさそうだ。同公園を管理する市公園課に尋ねた。

 ハート形のサツキは2本あり、1本は高さ1・7メートル、もう1本は80センチほど。丸く整えられたほかのサツキとは、明らかに違う形だ。

 「これは5年前、私が思いついて担当職員に剪定(せんてい)してもらったものなんです」。現在の形になった2015年当時、市公園課の施設担当課長だった保坂源栄さん(62)が語る。

 保坂さんが旅行で京都市を訪れた際、東福寺の庭園でハート形のサツキの木を見かけた。千秋公園にも同じ形の木があれば、見つけた人に幸せを感じてもらえるのではないかと考えたという。

 担当の職員が木を段階的に刈り込んでハートの形を作った。例年、花が散った後の7月に形を整えている。

 知る人ぞ知る存在にしようと、積極的なPRはしなかった。市職員にも知らない人がいるほど。現在の施設担当課長、桜庭竹士さん(51)は、「私も、言われて初めて存在を知った。公園課の中でも知っている人はほとんどいなかった」と話す。

 きれいな形が見られるのは、冬囲いをする11月ごろまでという。保坂さんは「自分が考えたハート形が今まで続いているのがうれしい。市民が千秋公園に親しむきっかけになってくれたらいい」と話している。

 二の丸跡は「秋田犬ふれあい処(どころ)」のある一帯。二つのハートを探しに、千秋公園に足を運んでみてはいかが―。

秋田市

秋田
「さらなる復興を」県越えた祭典に笑顔 久々のまつりに喜ぶ声も
秋田
秋田犬が待ってるよ 秋田市・千秋公園に「ふれあい処」
秋田
120年に1度の光景「スズタケ」咲く 秋田市・一つ森公園
秋田
版画の参考にした? 勝平得之が収集のガラス絵、泥絵を展示
秋田
川面に映る桜並木、闇に浮かぶ 秋田市・新城川沿い