27年ぶり カモシカ赤ちゃん 盛岡市動物公園で誕生

盛岡市動物公園で今月誕生したニホンカモシカの赤ちゃん
 盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)は、今月誕生したニホンカモシカの雌の赤ちゃんを一般公開している。同園での誕生は27年ぶり。

 父親のパックンと母親のクララから11日に生まれた。体長約50センチ、体重4キロほどで健康状態は良好。園内では母親のそばでじっとしたり、走り回ったりする愛らしい姿を見せ、来園者の人気を集めている。

 ニホンカモシカは偶蹄目(ぐうていもく)ウシ科で、国の特別天然記念物。今回の誕生で、同園のカモシカは計3頭になった。今後、名前を公募する予定。企画営業・広報担当の森敦子さん(45)は「業務中も癒やされている。かわいらしい姿を見に来てほしい」と呼び掛ける。

盛岡市

岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店
岩手
原木シイタケ洋食にアレンジ 県立大生考案、16 日から店で提供
岩手
アートの力、初の常設展 盛岡・松嶺さん、絵筆を口にくわえ制作