就労意欲、アゲる逸品 葛巻・来月本格販売

新メニューのナゲット風フライドチキンをPRする、すずらん亭の販売スタッフ
 障害者が働く葛巻町葛巻の焼き鳥店「すずらん亭」は、新メニュー「ナゲット風フライドチキン」を開発した。常連客に加え、子どもたちにも親しんでもらおうと、薄味でさっぱりとした味わいに仕上げた。9月から本格販売していく予定で、店の新たな看板商品として注目を集めそうだ。

 フライドチキンは九戸村産の鶏の胸肉を活用し、塩こしょうとパプリカパウダーで味付けした。150グラム300円。ケチャップやマスタードで、購入者が好みの味付けにできるのも特長だ。

 同店は町内の障害者に働く場を創出し、生きがいを提供しようと2012年に開店。同町の就労継続支援B型事業所すずらん工房(藤岡徹管理者)が管理運営し、15人ほどが仕事に汗を流す。

 販売スタッフとして携わる橋本昭治さん(49)は「開店当初に比べて味付けや焼き方が上達したため、お客さんも喜んでくれる」と充実の表情。長畑悦子さん(57)は「従業員同士で交流を深めながら、生きがいを持って仕事に励んでいる」と笑顔を見せる。

 同店は九戸村産の鶏肉や県産ネギに加え、町産の木炭で焼き上げる焼き鳥が人気を集めているほか、地元小学校の児童が職場体験で訪れるなど、地域に根ざした店として定着している。

 藤岡管理者は「新商品の開発を機に、働く人の意欲向上につながってくれればうれしい」と願いを込める。

 営業時間は毎週水曜の午前10時半~午後5時半ごろ。問い合わせは藤岡管理者(090・1540・1707)へ。

葛巻町

岩手
食べて遊んで牧場満喫 くずまき高原牧場、あすまでフェスタ
岩手
ラベンダー、緑に映え くずまき高原牧場、きょうから観賞会
岩手
山海の幸でアヒージョ くずまきワインが開発
岩手
葛巻の旅 模様替え 交流館プラトー、全客室改修
岩手
くずまきワイン「ほたるスパークリング・白」ダブルゴールド受賞