堪能、海の幸 かいひん食堂、アバッセたかたに開業

アバッセたかたにオープンした「かいひん食堂」
 陸前高田市高田町の商業施設アバッセたかたに飲食店「かいひん食堂」がオープンした。道の駅高田松原にあるまつばら食堂の姉妹店で、海の幸を使ったメニューが味わえる。

 まつばら食堂を広田湾漁協と共同運営する同市の食彩工房(斎藤政英代表取締役)の社員千葉広子さん(60)が代表者を務め、専門店街正面入り口近くの空きテナントで20日に営業を始めた。

 メニューはまつばら食堂とほぼ同じで磯ラーメン(880円)、海鮮丼セット(1200円)、鮭(さけ)親子丼セット(1500円)など。中高生向けにみそ、しょうゆの各ラーメンを500円で提供し、塩ウニおにぎり(280円)も人気だ。

 食彩工房が食材の仕入れなどを担い、従業員4、5人が調理や接客を担う。千葉さんは「買い物ついでにお年寄りから子どもまで多くの人が気軽に立ち寄れる店にしたい」と意気込む。

 営業時間は午前10時~午後4時。木曜定休。

陸前高田市

岩手
実りの秋、魅力を堪能 陸前高田・神田葡萄園で収穫体験
岩手
夏イチゴ 被災跡に実る 大船渡の生産施設で初収穫
岩手
記憶伝え 来館20万人達成 陸前高田・東日本大震災津波伝承館
岩手
気仙に魅せられ個展 台湾学生、陸前高田での交流を絵で表現
岩手
待ってた アユ釣り解禁 県内10漁協