オープンカフェ併設 雫石・ブルーベリー園がプレ開園

雫石町に観光農園「ブルーベリーの里ななつもり」をプレ開園した久米川好人さん
 滝沢市大釜の久米川好人さん(57)は今夏、雫石町七ツ森に「ブルーベリーの里ななつもり」をプレ開園した。早期退職後の第二の人生として、食べ比べが楽しめる観光農園とカフェの整備に挑戦。旬の味と豊かな自然で、来場者に癒やしの時間を提供する。

 農園30アールに、約30種600本の苗木を栽培。養液栽培を導入し、品質にもこだわった。幼木のため子どもでも収穫しやすいほか、シート敷きのため、足元を汚すことなく快適に摘み取りが体験できる。

 農園には休憩所を兼ねたオープンカフェ(14席)も併設。ケーキやジンジャーエールなど、ブルーベリーを使ったスイーツや飲み物を提供する。雄大な岩手山を望む場で、ゆったりと季節の変化を感じられる。

 久米川さんは秋田県大仙市出身。鉄道会社に勤め、同町で約20年過ごした。2017年に妻が急逝したことをきっかけに、第二の人生を模索。定年を数年後に控える中、新たな挑戦をしようと準備を重ね、今年6月に早期退職した。

 自身の経験から「頑張り屋さんのための観光農園」がコンセプト。「一生懸命に頑張っている時こそ、少しは立ち止まることも必要。生きる活力を取り戻せるような、居心地の良い農園にしたい」と意気込む。

 今季は摘み取りが今月末、カフェが10月末までで、土日祝日の午前9時~午後3時に営業する。1時間の食べ比べで小学生500円、中学生以上千円。来年6月中旬の本格開園を目指し、苗木も約1200本に倍増する予定。

 混雑を避けるため、予約を推奨。問い合わせはホームページ(https://www.blueberry-nanastumori.com/)へ。

雫石町

岩手
クーポン付き雫石観光ガイド 飲食や宿泊5500円分、18日発売
岩手
待望 今季初の軽トラ市 雫石・コロナ予防策を徹底
岩手
静かに夏山シーズン到来 岩手山山開き
岩手
母子包むラベンダー 雫石・御所湖の園地、900株見頃
岩手
小岩井まきば園 来月1日再開 営業時間は短縮